即日融資と金利

即日融資とは、申し込んだその日に審査結果がわかり、そのまま融資まで行ってくれるキャッシングを指します。原則的には担保を取らず人的保証も不要なことから、申込者の信用だけを審査して貸し付けを行います。当然、担保や人的保証をとっている貸し付けに比べ、回収ができないリスクも大きくなります。そのことも加味して金利を設定していますので、無担保保証人不要の即日融資は金利が高めになります。


<即日融資に見られる金利>

即日融資は主に消費者金融が行っている貸し付けに見られるものでした。回収のリスクは大きくなりますので金利は高くなっています。グレーゾーン金利が法律によって撤廃されるまでは実質年率29.2%を上限として貸し付けを行っていましたが、今では10万円未満は実質年率20%、10万円以上100万円未満であれば18%、それ以上は15%を上限として貸し付けています。これ以上の金利をとって貸しつけると違法となりますので、正規の業者は法律を厳守しています。しかし金利を下げたことによって、今までのような回収の危険度を抱えるわけにはいきません。そのため審査はかなり厳しくなっています。「しっかり返してくれる人であれば金利は低くても商売として成り立つ」のですから、金利が高ければ審査は柔軟になる傾向にありますし、低ければ厳しくなります。同じ即日融資でも、低金利のものは審査のハードルが高いと考えていいでしょう。

Comments are closed.